わかばのサービス

訪問介護

居宅介護支援

障害者総合支援

メモリアルフォトサービス

wakaba_icon.png

メモリアルフォトサービス

​メモリアルフォトサービスはわかばの特別なサービスです。

 

私たちは、法人後見人として、あるいは訪問介護事業者として、長年お付合いをしてきた方々の最後に立ち会う機会が多くあります。その人の最晩年に長くお付き合いをさせていただく事業所として「利用者様の自然体な日常や、記念となる時々を写真に残してあげてはどうだろう?」と、考えました。

To play, press and hold the enter key. To stop, release the enter key.

最後のお別れ場面に飾られる写真は、その人が生きてきた証に他なりません。それは単なる遺影ではなく、その写真を眺めながらその人の人生を想い、人柄を偲ぶ縁となります。

 

このサービスは最後を飾る写真(遺影)を撮ることが目的ではありません。

その人の日常の中で、撮る者と撮られる者が、その一瞬を共有・共存することで心の交流が生まれ、それが利用者様の精神的ケアに繋がります。

わかばは、本サービスを介護(精神的ケア)の一部と考えております。

「利用者に寄り添い包み支えあうこと」それこそが弊社の企業理念に適うものであると考え、本サービスを開始いたしました。

 

ご用命をお待ちしております。

メモリアルフォトサービスの内容

日常の記録として

  • 時々の節目になる記念写真を残したい

  • 季節ごとにとっておきの記念写真を撮って欲しい

  • 家族旅行を記録して残したい

ご家族の記念として

  • 利用者(本人)の日常生活記録を撮り、毎月送って欲しい

  • 家族で誕生会をやるので撮って欲しい

  • 遺影として使えるもの撮って欲しい

  • 施設等に入居しているので、生活している様子を撮って欲しい

その他のオプション

  • 動画記録を撮って欲しい